不白流ホームページ
    
* 波上宮献茶式並びに
  御家元古稀御祝茶会
  (2013年)
第8回不白展

第8回不白展が令和4年11月3日、4日、5日、6日、白和道場にて開催されました。

今回の不白展では東京本部が担当した3回の全国大会で使用された主な道具が展示されました。

2階単の間では、第1回熱海MOA美術館で開催された薄茶席と野点席の主道具(ゆきま誌46号参照)
仏間の席には、第2回インターコンチネンタルホテルに於ける濃茶席の主道具(ゆきま誌72号参照)
次の間には、当代が好まれた「隅棚」「翁棚」「木画煙草盆」の設計図のディテール
などが並べられていました。

「どうぞ実際に手に取って大きさ手触り等を感じてください」とのお言葉をいただき会員は貴重なお道具を堪能していました。

呈茶席は、不白好上段付花月の間で令和元年第11回大会の根津美術館での薄茶席の道具組で行われました。
濃茶席は鳩庵が寄付、一指庵にて家元が道具組のご説明をなさいました。
 第1回MOAにおける薄茶席道具組  第1回MOAに於ける野点席道具組
 第2回インターコンチネンタルホテルにおける
当代好 隅棚
 隅棚の原図および設計図
   
 濃茶席 寄付  濃茶席 床
白隠禅師筆 動中工夫勝静中百千億倍
(どうちゅうのくふうは じょうちゅうのくふうに
すぐること 百億千倍)

枇杷 如心斎一重切花入
緑毛金獅子香合
   
 家元よりご説明  水指は 宗味黒矢筈口 
 上段花月の間・床飾り
軸 流祖筆 山呼萬歳聲
花 初嵐椿・冬の花わらび  花入 阿蘭陀徳利花入  
香合 寿老人
三河内焼・辻常陸作
 琵琶床に飾られた 鳳凰円文螺鈿唐櫃
   
 当代好 翁棚
棗 柳下人物四君子青貝唐物茶器
水指 柳原焼 安南写松絵耳付  
 不白好 青貝琉球盆「法々本来法」に乗せ
 盆香合の扱い
   
 煙草盆 正倉院檳榔木画献物箱写
 翁棚を用いた薄茶点前


この頁の先頭へ